Menu

現在求められている【ウブロ・HUBLOT】の時計

ウブロ・HUBLOTという時計は、多くの人たちが現在求めている高級ウォッチです。ウブロ・HUBLOTの意味は、フランス語の「舷窓」ということです。

そして、ウブロ・HUBLOTは、舷窓同様にビスで留めたベゼルを特徴としています。

ウブロ・HUBLOTという時計

いろいろ高級ウォッチはありますが、ウブロ・HUBLOTの時計は、後手とも言っていいでしょう。しかし、いろいろ高級ウォッチがある中で、多くの人たちがそのような時計を身につけていることで、なかなか個性をアピールすることが出来なくなった時代とも言うことが出来るかもしれません。

いま、もっと個性的な男性になりたいと思えば、ウブロ・HUBLOTの時計の選択なのかもしれないですよね。

新しい時計ゆえ、ウブロ・HUBLOTの時計を持つことで、もっとも自分の個性をアピールすることが出来るのではないでしょうか。

ウブロ・HUBLOTは、1979年、ニヨンでイタリアの時計・宝石メーカービンダグループ創業者一族のカルロ・クロッコ(Carlo Crocco)によって創業に至ります。

更に、1980年には、今まで存在しなかった金及びステンレスのケースと天然ゴムのラバーベルトとを組み合わせた腕時計「クラシック」でバーゼルデビューすることになります。

ウブロ・HUBLOTは、スイスの時計の中でも、ほとんど異端という扱いだったのです。しかし異端こそが、キラリと光る個性とも言っていいでしょう。

その異端性は、最初、イタリアのファッション界で受け止められることになります。

そして、ウブロ・HUBLOTの時計は、ヨーロッパの王族などの支持を段々と得ることになります。

ウブロ・HUBLOTの時計の個性

最初、ウブロ・HUBLOTの時計は、全部、クォーツ時計でした。機械式時計より衝撃に強いという理由からのようです。

更に、ラバーベルトはカット不可であって、お客様は、いろいろなベルトの中から、自分にあったサイズを選択する必要がありました。現在、バックルは改良されています。

ウブロ・HUBLOTの時計は、ある時期、経営難に陥っていたこともあったようですね。しかしウブロ・HUBLOTの時計が、その経営難から立ち上がったのは、フュージョン(融合)のコンセプトのもと登場した、「ビッグ・バン」シリーズからです。

そして、ウブロ・HUBLOTの時計は、現在までその人気は継続したままでいます。

多くの人たちは、「ビッグ・バン」シリーズ=ウブロ・HUBLOTの時計として見ているのではないでしょうか。