Menu

ウブロ・HUBLOTは「異端」の時計かも

ウブロ・HUBLOTの時計は、高級時計の異端とも言っていいでしょう。ウブロ・HUBLOTの時計は、デザイン性や人気、カリスマ性が支持され、ロレックスの時計とは、そのような意味で違うタイプの時計ともいうことが出来ます。

しかし、ウブロ・HUBLOTの時計が、富裕層に愛されるのには、しっかり充実した機能性のある時計である必要があります。そのような人たちは、本物の中の本物しか持たないでしょう。

どこか不思議なウブロ・HUBLOTの時計

ウブロ・HUBLOTの時計をマジマジと見れば、どこか不思議という気持ちもしてくるのではないでしょうか。あらゆる可能性を具現化した時計こそがウブロ・HUBLOTの時計なのです。

このような時計って、高級時計の中でも少なくて、だったら、時計作り自体怠っているのではないの?と思われてしまうかもしれないですが、全然そういうことではありません。

ウブロ・HUBLOTの時計の自慢したい点

ウブロ・HUBLOTの時計は、ムーブメントの組み立てが行われた時には、ムーブメントは巻き上げられ2時間のテストがされていると言います。

更に、ムーブメントを固定して、45分程度同じ姿勢での歩度を計測して行きます。

ウブロ・HUBLOTの時計は、6方向で実施し、歩度、振動、振幅が計測していると言います。

平均日差が計算されることになり、日差が0秒~10秒以内だったら合格ということになります。もしも、それを超えてしまえば、ムーブメントは再調整、再組立です。そのような、厳しい検査の過程において、このひとつというウブロ・HUBLOTの時計が誕生しているので、まさにウブロ・HUBLOTの時計が高いのも当たり前と言えば当たり前です。

ウブロ・HUBLOTの時計は、このような検査過程によって、日差10秒以内のモノしか市場には出回っていないという奇跡を生みだし、この奇跡を求めてウブロ・HUBLOTの時計が購入されて行くのでしょう。

そこには、精度さゆえの、非現実的なロマンすら感じます。私達は、そこに、非日常的な時の刻みの音を聞いているのではないでしょうか。

更に、ウブロ・HUBLOTの時計は、防水性にも優れていいます。そのようなレベルの高い、ウブロ・HUBLOTの時計が、余裕をもって「異端」と言われているのです。

ウブロ・HUBLOTの時計は、 ただのステータスウォッチではないことは、すぐに理解していただくことが出来るのではないでしょうか。